テープ起こし優良業者お探しガイド » おすすめテープ起こし会社カタログ » 名北ワードの口コミ評判

名北ワードの口コミ評判

こちらのページでは、テープ起こしの専門会社「名北ワード」についご紹介していきます。

テープ起こし業者「名北ワード」の特徴

名北ワードは岐阜県各務原市で昭和60年に創業したテープ起こし業者で、テープ起こしの他にも速記・会議録検索・議会映像配信システム等の情報処理などを行っています。

創業以来、県議会・市町村議会の会議録を中心に、各種シンポジウムや座談会、講演会、裁判記録など様々な分野で活躍しています。分野は多岐にわたるものの、一貫してハイクオリティであることから「東海地方で最も信頼できる会議録作成会社」として支持されています。

入力者は全員同社専属スタッフなので、外部に情報が洩れることなく機密性が保たれます。単に聞こえてきた音声をそのまま入力するのではなく、発言者の意図まで汲み取りながら文字に起こす姿勢を大切にしている会社です。

専門分野によっても料金は変わらず、一律にハイクオリティな文字起こしサービスを提供しています。

名北ワード公式HPキャプチャ

名北ワード公式HP http://www.meihoku-word.com/

名北ワードのサービスと料金

ここでは、名北ワードのサービス内容や納期、料金など、基本情報を交えながら掲載していきます。

【実績】

  • 受注案件累計 不明
  • 総顧客数   500以上(2019年4月現在)
  • さまざまな業種のさまざまな分野から依頼あり。

【専門分野ごとの対応】

  • 一律料金で様々な専門分野に対応しています。事前に参照資料を渡すよう求められますので、なるべくたくさん用意しておくことをお勧めします。専門分野がある場合、文字起こしの品質向上には顧客の協力も欠かせません。

【名北ワードのリライター】

  • 入力者は全員自社専属スタッフです。入力後は、第三者とコンピュータによるチェックを徹底。
  • 機械チェック、資料の熟読、テープ聞き直しによる「トリプルチェック体制」で、誤字率0.1%以下を誇ります。

【情報セキュリティへの取り組み】

社外に業務委託しているテープ起こし会社が多い中、名北ワードではすべて自社専属スタッフが入力しています。資料の受け渡しや原稿の納品などの一連のやり取りをすべて自社内で行うため、機密情報が外部に洩れるリスクが極めて低いのが特徴です。

【原稿の品質】

あらかじめ会議の背景や、組織の状況、参加者などを予習してからテープ起こしを行い、発言者の意図を汲み取りながら入力することを大切にしている会社です。外部に委託しているテープ起こし会社と異なり、社内スタッフが入力者と対面でコミュニケーションを取るため、認識不足や勘違いによるミスが発生しにくくなっています。

原稿の質だけでなく入力者のフォローやケアも重視することで、品質向上に努めています。

【納品スピード】

納期は、「お急ぎ(納期:中1日)」から「通常(納期:中3日)」、「ゆっくり(納期:中5日)」まで3種類の中から選択可能。

  • ゆっくり【税抜250円/分】
  • 通常【税抜320円/分】
  • お急ぎ【税抜400円/分】

【料金】

※60分のテープ起こしの場合

  • ゆっくり納品:中5日(250円/1分) 15,000円~
  • 通常納品:中3日(320円/1分) 19,200円~
  • お急ぎ納品:中1日(400円/1分) 24,000円~

【口コミ情報】

なし

名北ワードの会社情報

会社名 名北ワード株式会社
設立 昭和60年7月
所在地 岐阜県各務原市鵜沼羽場町5-176