テープ起こし料金と相場で比較ガイド » こんなにある!テープ起こし業者の活用事例 » 英語のテープ起こし

英語のテープ起こし

文字起こし業者に依頼された英語のテープ起こし例を紹介します。

英語のテープ起こしを依頼する背景は?

国内の会社であっても英語を公用語にしようという動きのある現在、一部であっても英語や他の言語でのやり取りを文字に起こさなければならないケースは充分に想定できます。例えば国際会議や海外著名人の講演、シンポジウム、セミナー、インタビューなどが挙げられます。

これらを書き起こす際、離された言語で文字起こしをすることもあれば、日本語や他の言語に翻訳して文字起こしが必要なこともあります。

主に英語での会議、コンベンション、国際会議の議事録作成の依頼が多くありそうですが、この場合はその言語に精通した専門のリライターが担当するのがベストです。各言語において専門のリライターが在籍するテープ起こし業者もありますので、対応言語に応じて業者を選ぶことをおすすめします。

優良テープ起こし業者が対応した日本語以外の文字起こし事例

依頼会社 依頼内容 口コミ
国際会議
運営会社
国際会議(英語)の
テープ起こし
年に2回程度、テープ起こしをお願いしています。専門的な会議の内容を高い品質で文字にしていただいており、費用も安く済んでいるのでいつも助かっています。
マーケティング
リサーチ会社
英語での海外市場調査
グループインタビューの
テープ起こし
月に1度くらいの頻度で利用しています。インタビューなので、ときには10時間を超える音声データからの文字起こしをお願いすることもありますが、最短7営業日で仕上げてくれるので助かっています。
スピードだけでなく品質も高いので、いくら費用が安くてもテープ起こしのプロ以外に頼もうとは思いません。
法人 シンポジウム(英語400分)の
テープ起こし
原稿の質、スピード共に期待通りでした。こんなに正確に文字に起こしていただけると価格に見合う価値があると思います。