テープ起こし優良業者お探しガイド » 業者に依頼する前に…知っておきたいテープ起こしのサービス内容 » 初心者にありがちなテープ起こしの失敗例

初心者にありがちなテープ起こしの失敗例

テープ起こしは、特別なスキルがなくても誰でも簡単にできると思われているかもしれません。

しかし、人間が話している言葉を文字に起こすということは案外難しく、初心者の方が対応すると、専門用語が多く意味が分からなかった、録音状態が良くなかった、などという理由で本来の会話とはずれた内容になってしまうことが多々あります。

テープ起こしは実は技巧が必要な職人の仕事なのです。では初心者にありがちなテープ起こしの失敗例とはどういうものなのでしょうか?

納期に間に合わない!

キーボード

仕事を受ける側としてそもそもの話になりますが、初心者にありがちなテープ起こしのミスで最も多いのが、この納期を守れない!というものです。

これは様々な理由がありますが、代表的なものは以下のものです。

想像よりも時間がかかった

初心者の人は、自分がテープ起こしをする時にどのくらい時間が必要なのかをまだ分かっていないことが多いです。

「文字を起こすだけだし、タイピングも自信があるし・・・」と見積もった予定時間より大幅に時間がかかるのがテープ起こしなのです。

経験を積んでプロと言えるほどになると、ざっと最初の音声を聞いてどんな内容かを聞くことで、自分がどのくらいの時間で仕上げられるのかが正確にわかるようになります。

聞き取れない言葉で止まってしまった

初心者が納期に間に合わない理由として、聞き取れない言葉や音声を聞こうとしてその場で何度も何度も繰り返し聞いて作業がストップし、納期に間に合わない、ということがあります。もちろんプロでも聞き取れない言葉はありますが、その場合初心者のようにずっとしつこく聞き返さずに、印をつけて先に進みます。

先に進むことで同じ言葉をもっと明瞭に発言している場面に出会うかもしれませんし、会話の流れでその言葉がふと浮かんで来ることもあるからです。

聞き取れない言葉で止まるというのもテープ起こしの初心者にありがちな失敗です。

適切な「ケバ取り」ができていない

書類

対談やインタビュー、講義や講演会などの文字起こしを発注する際、「ケバ取り」を希望される依頼者は非常に多いでしょう。

一般的に会議の内容を把握したり、会話の内容の理解を重視する際のテープ起こしではケバ取りを行うケースが多いのですが、これが初心者には最初の難関になります。

ケバ取りとは、不必要な相槌や、不要な語句、言い澱みや言い間違いなどを取り除き読みやすくする作業ですが、この判断は場数を踏んだプロでないと非常に難しいと言われています。

相槌や言いよどみ、「あー」や「えーっと」、言い間違いなどを全て書き起こす「素起こし」であればまだ初心者が膨大な時間をかければ可能ですが、ケバ取りとなると、どこまで取り除いていいのか、また取り除いた後の繋がらない文面をどうすればいいのかの迷いが生まれ、結局中途半端で見づらいものが納品されてきてしまう可能性があるのです。

整文が未完成

議事録や会社の会議録などの文字起こしを発注する場合、「整文」という作業を行うことになりますが、初心者にありがちな失敗として整文の加減が分からないということが挙げられます。

整文とは、ケバ取りをしたテキストを読みやすく意味の通った文体に整えていく作業です。つまり口語体から文語体に整えていくのですが、これも初心者にはほぼ不可能な作業です。

語体を変えるだけなのに、読みづらくなってしまったり、最悪の場合は意味がどんどんずれてしまい本来の意図とは違う意味で勝手に解釈して内容が若干書き換わってしまうという大きな失敗も起こるので、こと整文に関しても信頼できるプロに依頼することをお勧めします。

表現のゆらぎのチェックができていない

小説など、読み物として仕上げる文章には、表現のゆらぎのチェックが綿密に行われています。これは文字起こしでも同じことで、プロが仕上げた文字起こしでは、ここまできちんと作成するのが基本です。これができていないのが、初心者にありがちな失敗の一つ。

表現のゆらぎとは、一連の文の中で、漢字とひらがなの表記が統一されていないことを指します。例えば、「かわいい猫」と「可愛い猫」、はたまた「かわいいネコ」などが混在している状態です。

文章の完成度が低く、発注者の方が何度も修正する必要があり非常に手間がかかります。

組織としてテープ起こしをやっているプロの業者や、この道を専門として仕事をしているプロはこういった間違いが起こりません。

専門のソフトを使用して間違いをチェックしたり、人の目でダブルチェックすることで納品される原稿の精度を高く保つことができるからです。

まとめ

テープ起こしはアルバイト感覚で誰にもでもできるイメージを持っていらっしゃる方も多いかもしれません。

しかし、このテープ起こしという作業にはタイピング能力や国語能力はもちろんのこと、語彙力の高さや、会話の流れを掴む勘の良さ、仕事の丁寧さなど多くの要素が必要です。

初心者にありがちな間違いをあげましたが、実際もっとたくさんの間違いが起こりえます。テープ起こしとは、インタビューの記録、会議の証拠、講義の内容の記録と、大切な一次資料となるものです。

テープ起こしを元に社報を編集したり、論文を執筆したり、記事を書いたり活用されるのではないでしょうか?

その際、初心者や素人が作成したテープ起こしを完全に信頼することができるでしょうか?

初心者に発注する際は、そういったリスクをしっかり考えた上で発注する必要があるのです。