テープ起こし優良業者お探しガイド » 業者に依頼する前に…知っておきたいテープ起こしのサービス内容 » 格安におさえるコツ

格安におさえるコツ

こちらのページでは、テープ起こし業者に依頼する場合に、料金を安くするコツを解説していきます。併せて、安い業者のメリットもご紹介しますので、テープ起こしの依頼の際に役立ててください。

テープ起こしの料金を賢く検討しましょう

テープ起こしの業界自体は、それを必要とするニーズがそれほど広範ではないため、一般的によく知られているとはいえません。

そのためテープ起こしの価格帯も不透明な部分が多く、同じ音声テープで、同じ依頼をしたのに数倍の料金差がでることがあるぐらいに、それぞれの業者間の価格帯には開きがあります。

ですから、なるべく高品質のものをリーズナブルに依頼できるコツを挙げていきましょう。

納期をゆっくりにすること

納期にゆとりを持たせるだけで、金額が抑えられます。

たとえば、納期の期限を2倍程度にのばすことで、料金を3分の2近くに抑えることも可能となるのです。

急ぎではない場合は慌てずにゆっくりと、あらかじめテキストデータに期限があるのであれば、依頼を早めにするなどし、余裕を持たせて発注することで安く抑えられるはずです。

テープ起こし業者を比較し、安い業者を見つけること

業界そのものが特異なニーズの分野であるため、テープ起こしの価格帯は本当にさまざまです。

1分200円未満の業者もあれば、1分300円の業者もあります。

長い音声データを起こす必要がある方ほど、きちんとテープ起こし業者の比較をすることで、ややもすれば数万円単位の費用を抑えることも可能となります。

したがって、依頼の予定が「今すぐ!」でない方はチャンスです!

事前に安く抑えられるテープ起こし業者を調べておき、なるべく納期を伸ばすことが、テープ起こしの費用を安く抑えるコツといえるでしょう。

個人のテープ起こし業者も比較してみる

テープ起こしを継続的に、大量に利用する場合がある方は個人と契約するという方法もおすすめです。

個人事務所でテープ起こしを行うライターと長期的に契約する場合には、テープ起こし会社の半額程度までディスカウントしてもらえる場合もありますし、依頼案件別に担当ライターが変わるよりも、一人のライターにすべて任せることでテキストデータの出来が統一されるという利点もあります。