テープ起こし料金と相場で比較ガイド » 業者に依頼する前に…知っておきたいテープ起こしのサービス内容 » 料金相場

料金相場

こちらのページでは、テープ起こしを業者に依頼した際の料金の相場と納期について、リサーチしたものを詳しくまとめ、解説します。

テープ起こし業者の提示する料金と納期

テープ起こしの料金体系は会社ごとに異なりますが、そのほとんどが音声データの長さ(時間)により決まります。

つまり、テープの時間が長ければ長いほど高額になるのです。

各社がどのようにテープ起こしの料金を決めているのか、また、その納期はどのような設定がされているのか、以下をご覧ください。

音声テープの時間で

基本料金は分単位で何円と設定され、その単価に音声テープの長さをかけて料金が請求されます。

調べてみると1分につき200円前後が相場のようです。しかし会社によってはテープの長さに上限がある場合や、オプションで料金が加算される場合もあるようですので、確認したほうがよいでしょう。

ちなみに、1分200円で計算すると、200円×60分で、料金は1万2000円となります。

しかし依頼時にはテープ起こしの種類(ケバ取り、整文、サマリー)を選択することになるでしょうから、料金はもう少し加算されることになります。

調べたところでは、テープの文字起こし60分でしたら、大体1万5000円~2万円が相場のようです。

さらに、これに納期の短いプランを依頼すると料金が上乗せされることになります。

起こした文字数で

テープ起こし会社の中には、起こした文字数で料金を出してくれる会社があります。

文字数で見積もりを出した場合、大体1文字1円前後が相場です。1時間に1万4000字が平均のため、料金を換算するとそのまま1万4000円になります。

人によって早口の人もいれば、ゆっくりの人もいるように、話すスピードは異なるものです。

通常では1時間に1万4000字分程度話すことが平均的だと言われていますが、音声テープの内容によっても話すスピードは異なります。

講演会などで講演者の方が一人でスラスラと話す場合や、ポンポンと弾む会話なら話の流れも流暢でよどみなく音声が続くでしょう。

しかし、インタビューのような問いかけのある会話でしたら、相手が内容を理解しているかなどを考えながら話すため、会話の間には間が入ります。

このようなことを考えてみると、長さが同じ時間の音声テープであっても、起こす文字数は会話者次第で大幅に変わってくるということが理解していただけると思います。

このような場合は、時間制の業者に依頼するよりも、起こす文字数で料金を換算してくれるところに依頼するほうが賢明と言えるでしょう。

納期について

テープ起こし業者のほとんどが、大きく分けて以下の3種類の納期を提示しています。

●通常納品

例:音声30分で1日~2日ほど。
※音声の時間が約30分延びるごとに納期が1日延びる場合が多い。

●特急納品

例:当日納品では午前中に依頼すれば夕方に仕上がり。翌日納品の場合でも15時間~24時間ほどで仕上がり。
※音声の長さに上限設定あり。

●ゆとり納品

例:1時間の音声で1週間から10日ほどの納期が設定。
※料金は割安になるので、急ぐものでないなら、ゆとり納品はおすすめ。

ただし、納期は、音声の時間だけでなく、起こし方の種類などによっても変わってきます。依頼するときには必ず確認をしましょう!