テープ起こし優良業者お探しガイド » 業者に依頼する前に…知っておきたいテープ起こしのサービス内容 » 依頼から納品までの流れ

依頼から納品までの流れ

こちらのページはテープ起こしの依頼から納品までの一連の流れを詳しくご紹介し、業者委託を円滑にサポートするためのページです。

依頼から納品までの流れをチェック

テープ起こしの仕事を業者に頼む際のプロセスをまとめてみましたので、テープ起こしを依頼する時にお役立てください。

1:問い合せ・見積依頼

テープ起こし会社を決めるために、まずは気になる会社に問い合わせてみましょう。

HPの問い合わせフォームや見積もり依頼から連絡できます。

見積もり依頼時に録音時間などを把握しておくと料金の概算も出やすいことでしょう。

2:テープ起こし会社を選定し、テープ起こしの発注

会社からの見積もり内容と納期に納得したら、テープ起こしの発注をします。

音声データは会社独自で作成しているファイル転送サービスを使う会社もありますが、メール添付や無料の転送サービスを利用することが可能な会社もあります。

また、郵送などで受付てくれる会社もありますので、納品形式にこだわりがあるようなら、適した会社を探してみてください。

※発注時に気を付けておきたいこと

  • 音声をテキスト化するのに必要な資料(会議書類など)や、専門分野の用語集などの有無。テキスト化に役立つものがあれば、一緒に送るとよいでしょう。
  • 音声テープの質や、音声の内容によっては、料金や納期が変わる可能性もあるので確認しましょう。
  • 起こし方の指定も一緒に行うので、テキスト化したファイルの使用目的に合わせて依頼できるようにしましょう。

3:制作

依頼された起こし方に合わせてテープ起こし、テキスト入力が始まります。専門用語や用字用語の校閲も行われ、品質チェックを経て納品されます。

4:納品

納品の形態については各社さまざまですが、テキスト形式かWORD形式になることが多いようです。納品はメール添付や、ファイル転送サービスを利用して送られてくることがほとんどです。

会社によっては希望の形式を依頼できるところもあるようですし、プリントアウトされた紙媒体で納品してくれるところもあります。

また、顧客がシステムにログインし、テキスト化したデータをお好みで書式、行種、空白行、文字色の変更などのカスタマイズができるところもあります。

納品後に用途に応じてテキストデータのカスタマイズができるのはとても便利ですので、テープ起こし業者の選定時にこのような点も確認して依頼するとよいでしょう。

テープ起こし業者に依頼するならココ!