テープ起こし優良業者お探しガイド » 業者に依頼する前に…知っておきたいテープ起こしのサービス内容 » テープ起こしに便利なツールやアプリと問題点

テープ起こしに便利なツールやアプリと問題点

ツールのイメージ図

音声データを耳で聞いて、文字に直すテープ起こしの作業は、想像よりも時間を要する作業です。

録音データは音声ばかりでなく背景の雑音も一緒に録音されてしまうことや、レコーダーの設置場所などによっては音声が聞き取りにくくなっている個所があったりと、不明瞭な声を文字にしていくのは非常に時間と根気のいる作業となります。

ここでは、そのテープ起こしを楽にする便利なツールについてご紹介します。

レコーダーが無くてもスマートフォンで音声を録音できる録音アプリ、録音データを聞きやすいスピード、クリアな音質で再生するサウンドプレーヤーソフト、キーボードでの入力よりも時間と労力を節約できる音声入力機能、その他の高機能ソフトの4つの分類に分け、それぞれの特徴をご紹介します。

無料で利用できるものから有料のものまで、幅広い内容のツールがあります。

テープ起こしに利用できる便利なツール

音声録音アプリ

プロボイスレコーダー

iOS用のボイスレコーダーアプリです。音声録音の他、必要な箇所だけを切り出して保存する編集機能も備えています。内臓のフィルターが背景の雑音を抑えるため、聞き取りやすい音声の録音が可能になっています。

また、録音した音声データをテキストデータに変換することもできるとても便利なアプリです。

また、SNSやメールでのデータの共有もできます。iPhone用のアプリのため、持ち運びにも便利で手軽に利用することができます。

販売価格は360円です。

簡単ボイスレコーダー

Android用のボイスレコーダーアプリです。シンプルな録音アプリで、高音質での録音が可能です。録音時間の制限がないため、長時間の利用にも対応するこができます。録音ファイルは圧縮して小さいサイズで保存することもできます。

録音ファイルはメールやSNSで共有することができ、アプリを開かずにバックグラウンドで録音を開始することもできます。

無料で利用することができます。

音声を再生するサウンドプレーヤーソフト

テープ起こしプレーヤー

テープ起こしを行う株式会社アスカ21が提供しているソフトウェアです。テープ起こしに便利な機能を搭載したサウンドプレーヤーをインターネット上から無料でダウンロードすることができます。

聞き取りにくい音声をクリアにするイコライザーやエフェクト機能、特定の部分だけ繰り返し再生したり、ゆっくり再生したりすることができる機能など、テープ起こしの際にあると便利な機能がそろっています。

また、テープ起こしの際は、極力キーボードから手を離すことなく入力作業を続けたいものです。

そのため、再生や一時停止などの操作も、マウスを触る必要がなく、キーボードだけで操作できるようになっています。

テープ起こしプレーヤーが対応している音声ファイルの形式は、WAVE、MP3、WMA、FLAC、AAC、AC3、Rawとなっており、幅広い形式に対応が可能となっています。

これまで、iPhoneをレコーダーとして使用していた場合は、iTunesなどでファイル形式をMP3に変換する必要がありましたが、テープ起こしプレーヤーは、iPhoneのデータをそのまま読み込むことができます。

Okoshiyasu2

再生速度や音程などを個別に操作することのできる音声再生ソフトです。キー設定を行うことで、キーボードのみで再生や一時停止、巻き戻し、早送りの操作を行うことができます。

巻き戻しや早送りの秒数も設定することができ、再生速度の調整や一定区間を繰り返し再生する区間リピートの機能もついています。

テキストを入力しながらでも、ウインドウが隠れている状態で音声の再生・停止などの操作をすることができ、テープ起こしの作業に使いやすくなっています。

WAVE、MP3、Ogg Vorbis、WMA形式の音声ファイルに対応しています。

無料でダウンロードできます。

聞聞ハヤえもん(ぶんぶんはやえもん)

音声ファイルの再生速度と音程を個別に変更することができる音声再生ソフトです。

テープ起こしで聞き取りにくい箇所などで音程を変えずにゆっくり再生する機能や、指定した箇所だけを繰り返し再生する機能も備えられています。また、音程や再生速度を変更したデータを保存することもできます。

WAVE、MP3、WMA、Ogg Vorbis、AIFF形式のファイルに対応しています。

無料でダウンロードできます。

音声入力機能

Windows音声認識機能

Windowsに標準搭載されている機能で、パソコンのマイクの設定を行い、Windows音声認識ソフトを立ち上げるとマイクに向かって話された言葉がメモ帳に文字として記載できる機能です。

音声ファイルには対応していないため、テープ起こしの際にはクリアな音質の場合にはレコーダーをパソコンのマイクの前で再生することで利用できます。

無料で利用ができます。

Mac音声入力

WindowsだけでなくMacにも音声入力機能が装備されています。テキストを表示させたい場所でショートカットキーを押すか、音声入力メニューを選択することで簡単に利用することができます。

こちらも音声ファイルには対応していないので、クリアな音質の場合にはレコーダーをパソコンの前で再生し、テキストデータを生成する形になります。

無料で利用ができます。

Googleドキュメント音声入力

Googleドキュメントにも音声入力機能が備わっています。ツールメニューから音声入力をオンにし、表示されたマイクをクリックすることで話す内容がテキストデータとして表示されるようになっています。

こちらも音声ファイルには対応していないため、クリアな音質の場合にレコーダーの音声を再生し、テキストデータを生成する形となります。

無料で利用ができます。

その他のテープ起こし関連ツール

ドラゴンスピーチ11

高精度の音声入力・音声操作のソフトウェアです。高度な音声入力が可能となっており、IT用語や政治経済用語なども含む約100万語搭載の辞書を利用しています。

WAV、DSS、 DS2、 MP3、 WMAファイル形式の音声ファイルに対応しています。指定されたフォルダに保存されている音声データを自動的に文字化するエージェント機能も搭載されています。

Word、Excel、PowerPoint、OutlookといったWindowsソフトにも対応しており、直接入力の他、音声ファイルをこれらのWindowsソフト上にテキスト化することができます。

「ドラゴンスピーチ11」の販売価格は23,100円(税抜き)、「ドラゴンスピーチ11 Lite日本語版」の販売価格は14,148円(税抜き)となっています。

VoXTセルフ

専用ソフトウェアを使って、録音データのテキスト化を行うテープ起こし支援サービスです。

インターネット上に音声データをアップロードする自動的にテキスト化がされるようになっています。

音声認識により文字変換されたデータを元になった録音データの音声を聞きながら修正や校正ができるアプリケーションも用意されています。

1分30円の従量課金制となっており、録音データの利用したいところだけサービスを使うこともできます。

新規の申し込みから2週間以内であれば1時間分の音声を無料で利用することができるので、気軽に試してみることもできます。

VoXTフルという専属のテープ起こしスタッフがテープ起こしを代行するサービスも用意されています。

テープ起こしに便利なツールを利用する際の問題点

パソコンに節約

テープ起こしの際、元となる音声データがマイクを通して録音されたものではなく、レコーダーと口元の距離が離れている場合は、音声からテキストデータを自動生成することは難しくなります。

したがって、ここで紹介した録音アプリや音声再生ソフト、音声入力機能などを単独で活用することは現実的ではありません。

音声データを音声再生ソフトで聞き取りやすくし、そこで拾い上げた内容をキーボード入力ではなく、改めて口述して音声入力機能を利用し、テキスト化していく方法が最も効率的ではないかと考えられます。

音声入力機能も精度がかなり上がっているとはいえ、雑音が含まれた不明瞭な音声データではテキスト化することは難しいのが現状です。

また、句読点や改行などは「まる」や「てん」などの言葉で指示する必要があります。

したがって、どのツールを使っても、録音データをそのままテキスト化するということは現時点では不可能になっています。

テープ起こしに利用できるツールはさまざまなものがあります。無料で利用できるものも多くあり、手軽に利用することができます。

しかし、音声データをそのままテキスト化することは難しく、これらのツールを上手に組み合わせながらテープ起こしに利用していくことが賢明な選択です。