テープ起こし(文字起こし)で頼れる優良業者を見つけよう

おすすめのテープ起こし業者5選はコチラ!

「テープ起こしや文字起こしをお願いしたいけれど、価格はどのぐらいだろう?期間はどれぐらいだろう?」

そんな考えをお持ちのテープ起こし依頼初心者の方はもちろん、「すでに何度かお願いしている業者はいるけれど、別の業者と比較してみたい」など、テープ起こし業者を探している方のために、当サイトで紹介しているテープ起こし会社の中から以下の専門性・実績を持つ会社を5社ピックアップ。(2021年6月調査時点)

・コエラボ:各分野専属ライター(政治・行政、医療関係、学術関連、裁判関連等)が在籍している会社
・東京反訳:500名以上のワーカーが在籍し、100,000件以上の実績がある会社(2021年6月時点公式HPより)
・テープリライト:ライター&校閲者の2人体制で対応している会社のなかで、創業年数が最も長い会社
・モジフル:スタッフ全員が日本速記協会発行の「新版 標準用字用例辞典」に準拠してテープ起こしを行っている会社
・テープライターサービス:東京都弁護士協同組合特約店のなかで、料金が最も安い会社

▽横にスライドできます。

社名 価格 サービス種類 サービス特徴
コエラボの公式HP

コエラボ

コエラボの
公式サイトを見る
196.9円/分:最短6営業日
220円/分:最短2営業日
385円/分:最短1営業日
550円/分:当日納品
440円/分:翌日納品
  • ケバ取り
  • 素起こし
  • 整文
  • 要約
  • 法廷用
  • 英語起こし
  • 医療系
  • 出張録音
  • スピーディな納期がモットーで、中0日の「超特急」も対応可能
  • 魅力的な低価格、1分196.9円(日本語)と良心的な設定
  • クオリティ担保として、各専門分野に対応したライターが担当
  • 英日混合のテープ起こしも可能
  • プライバシーマーク取得
  • お得なキャンペーン付き
東京反訳の公式HP

東京反訳

東京反訳の
公式サイトを見る
314.6円/分:最短2営業日
523.6円/分:最短1営業日
680.9円/分:当日納品
  • ケバ取り
  • 素起こし
  • 整文
  • 文字数指定要約
  • 逐語起こし
  • 会話分析
  • 出張録音
  • オプションサービスが充実
    英語多言語翻訳サービス、データ入力サービス、音声認識結果校正サービスなど
  • 面接等、沈黙の間などすべての会話の要素が必要なものに対応
  • プライバシーマーク取得
テープリライトの公式HP

テープリライト

テープリライトの
公式サイトを見る
330円/分:最短4営業日
429円/分:最短3営業日
594円/分:翌日納品
  • ケバ取り
  • 整文
  • 医療系
  • 外国語
  • 出張録音
  • ライターとディレクターの2名体制で原稿作成&ダブルチェック
  • 外国語はテープ起こしだけでなく、翻訳も可能
モジフルの公式HP

モジフル

モジフルの
公式サイトを見る
224.4円/分:最短6営業日
280.5円/分:最短3営業日
408.1円/分:最短1営業日
  • 素起こし
  • ケバ取り
  • 整文
  • 適宜整理
  • 創業40年の実績がある
  • テープ起こしのオペレーターの育成にも従事
  • 独自の音声認識システムを採用
テープライターサービスの公式HP

テープライター
サービス

テープライターサービスの
公式サイトを見る
203.5円/分:最短25営業日
346.5円/分:最短5営業日
449.1円/分:最短3営業日
  • 素起こし
  • ケバ取り
  • ですます調にかえるもの
  • 専属のテープライターが原稿作成、別のスタッフが校正・校閲
  • 守秘義務管理を徹底

※価格は、2021年12月の情報です。

テープ起こし(文字起こし)の品質を大調査!

テープ起こしを依頼したいけど、実際にまだ頼んだことがないし、どの業者を選んだら良いか分からない…。そんな方のために実際に依頼をして、品質や発注方法、料金の支払、納品形式を確認!今回各社にテープ起こしを依頼するにあたり、以下の内容でお願いしました。

■内容…医療に関する対談 ■時間…約2分程度 ■依頼先…会社形態(個人事業主を除く)
■依頼方法…ICレコーダで録音した内容をMP3にデータ化し、ネットから依頼
■テープ起こしの種類…ケバ取り(会話中の「え~」「あの~」などの発音を削除)

とくに技術力や実績で評判の高い業者5社を選定しました。専門用語や聞き取りにくい言葉、雑音も多い録音状態でしたが、その内容をMP3に音声データ化し、各社にメールで依頼。テープ起こしの種類については、会話の再現性をより分かりやすくするため、 「え~」「その~」などの発音をカットした「ケバ取り」を選びました。

また発注から納品までの過程も各社によって異なります。いざ発注するとなると、どのように発注したら良いのか予めチェックする必要もありますので、今回依頼した各社とのやり取りも検証してみました。

どこの品質が優れている?調査結果を発表!

実際に音声をテープ起こししてもらいました。その調査結果をご覧ください。

コエラボ

品質
低価格だがテキストの精度が高く可読性も高い。さらに納品もスピード対応。
納期 通常納期(3営業日)
料金 3,240円
※価格は、2021年12月の情報です。
支払い 後払い
●検証結果
コエラボの検証結果(PDF)他の業者と比べても価格が最も安かったです。納期も3営業日と東京反訳についで2番目に早いスピード対応。
低価格にもかかわらず、誤字・脱字、聞き間違いもなく、会話の内容が正確に再現されていました。文書化した際の漢字、平仮名表記のバランスも良く、可読性も高い。医療の成果物としても専門性を感じさせる品質でした。

東京反訳

品質
会話を忠実に再現したテキストだが一読すると少々読みにくさもあり。
納期 通常納期(2営業日)
料金 8,640円
※価格は、2021年12月の情報です。
支払い 後払い
●検証結果
東京反訳の検証結果(PDF)価格は少し高めかもしれませんが、発注から納品まで2営業日と比較した業者の中で最も早い納品でした。

テープリライト

品質
会話を的確に再現しつつ、原稿としても読みやすい。価格が少々高め。
納期 通常納期(4営業日)
料金 19,440円
※価格は、2021年12月の情報です。
支払い 前払い
●検証結果
テープリライトの検証結果(PDF)価格は比較した業者の中で最高値でした。4営業日での納品は、平均的な納期でしょう。
価格が高いだけあり、その品質も精度が高く、会話の内容が的確に再現されています。また一読して理解しやすい文章であり、読みやすさ、見やすさにもこだわった原稿の質の高さが感じられます。

モジフル

品質
可読性は高いが平仮名表記が多い。専門的な知見の高い会話の場合、文章として物足りなさを感じる。
納期 通常納期(4営業日)
料金 4,341円
※価格は、2021年12月の情報です。
支払い 前払い
●検証結果
モジフルの検証結果(PDF)料金は他の業者と比べても依頼しやすい価格であり、発注から納品まで4営業日は平均的な納期。
聞き間違いや誤字などはありませんでした。文書化した時の見やすい印象もあります。しかし読みやすさを意識したせいか、全体的にひらがな表記が目立ちます。医療の成果物としては、少々稚拙な印象を受けます。

テープライターサービス(日本職能開発振興会)

品質
会話の内容をほぼ正確に再現しているが、誤字や聞き間違いが若干ある。
納期 4営業日
料金 9,558円
※価格は、2021年12月の情報です。
支払い 後払い
●検証結果
テープライターサービスの検証結果(PDF)価格は比較した業者の中でも割と高め。納期については、発注から納品まで4営業日と他の業者と同じ程度。
若干、聞き間違いや誤字が見受けられます。下から3行目の黄色の箇所は、「遠隔医療の下で」と発音したところを「ビデオの下で」と別の表記に。他に同じ行の「ナースプラクティショナーが…」の「が」が「な」と単純な誤字がありました。

総評

どの業者のテキストも、音源データの内容から大きく逸脱することはありませんでしたが、文字に起こした際の違いが明確に浮かび上がりました。

会話中の言い間違い、相づち、さらに雑音など、無駄な箇所を取り除きつつ、その内容を正確に再現できているか、さらに書面化した時、一読して理解しやすい文章であるかどうか。ほんのわずかな差ですが、成果物として受け取った時の印象が大きく違うことが分かります。

今回は数分程度のものを、文字化してみましたが、テープ起こしは講演会や会議、座談会など、その用途は実にさまざま。時には発注担当者にとって、納期を急ぐなど緊急を要する場面もあるでしょう。その時々の状況に応じて、業者の選び方も変化するでしょうが、業者を選ぶポイントしては、文字化した時の「正確性」「わかりやすさ」「納品スピード」が挙げられます。

さらに価格もリーズナブルであれば、発注担当者にとっても、賢い選択と言えるのではないでしょうか?

どの方法でテープ起こし(文字起こし)をするのが良いのか?

テープ起こしをする方法として、自分で行う方法、クラウドソーシングを利用する方法、業者に依頼する方法の3つをご紹介してきましたが、結局どの方法でテープ起こしをするのがベストなのでしょうか?

どの方法を選択するかは、その人の状況や求めるものによって変わってきますが、それぞれの違いやメリット、デメリットをしっかりと比較して、最も良い選択をすることが大切です。 そこで、この3種類のテープ起こしの違いについて、メリットとデメリットを比較して、どのような人に適した方法なのかご紹介しましょう。

テープ起こしを自分でした場合

テープ起こしとは、記録された音声を文字に起こす作業のこと。実はこの作業、言葉で想像するほど簡単なものではありません。

人間が発する言葉というものは実際に聞くよりも格段に速いものです。さらに個人それぞれに口癖があり、内容に必要のない言葉も数多く含まれています。

その言葉をかき分けて正確に聞き取ってタイピングしていくのは、とても高いスキルが要求されると共に膨大な時間を必要とする為、慣れない人が行うには実はハードルが高いものになります。

一般的に60分ほどの音声を文字として記録するには、テープ起こし専門のライターが作業しても3~6時間かかるといわれています。細かく計算すると10分で1時間です。

理由としては先述したとおり、言葉の速さがありますが、2~3人ほどの会議の状況だと個人でそれぞれ速さも異なってきます。

さらに、必ずしも録音がベストの状態とは限りません。また、話しの内容が専門性を伴うものであれば、聞きなれない言葉が多用されるので、何回も音声を止めて、調べて意味を理解する必要があります。

自分でするメリット・デメリット

【メリット】

  • 費用がかからない

【デメリット】

  • 膨大な作業時間が必要
  • 単語などの意味を調べる労力が必要
  • 高度なタイピングスキルが必要

自分でテープ起こしをした場合、メリットと言えることはあまりありません。強いて言えば、テープ起こしを依頼するための費用を節約できるということでしょう。

どんな人に向いている?

自分でテープ起こしをする方法は、全く費用をかけずにテープ起こしをしたいという方に向いています。そして、長時間の地道な作業が苦にならない方、時間が余っている方、正確でスピーディーなタイピングができる方です。 また、テープ起こしの内容にもよりますが、専門性の高い内容でも意味を把握できるという方、内容を一人で調査できる自信があるという方にも向いているでしょう。
ただし、精度ある書き起こしを求めるなら、やはり正確性と速いタイピングスピードを兼ね備えたライターの存在が大きくなってきます。

テープ起こしを個人業者に依頼した場合(クラウドソーシング)

近年ではテープ起こしのスキルを持つライターなどが、個人単位で仕事を請け負っていることもあります。これはSOHOやクラウドソーシングなどと呼ばれており、主婦やサラリーマンたちが、家事の合間や仕事終わりなどの空いた時間に作業を行うものです。

なかには、通信講座などで勉強してからテープ起こしの仕事を個人で請け負っている方もいます。行う作業自体は専門業者と同じで、なかには高いスキルを持っているライターもいますが、クオリティ面に関してはバラつきがある為、しっかり見定めないといけません。

理由としては、専門知識に関する情報収集をその都度、独学で行わなければならないこと。

あるライターは、書き起こし中に分かりづらい、聞き取りづらい言葉があると、その度にインターネットや新聞、雑誌などで意味を都度調べます。
このことからも分かるように、会社単位で調べることができない、ノウハウを担保しにくい個人事業主では、どうしてもクオリティの面で限界があるといえます。

個人業者に依頼するメリット・デメリット

【メリット】

  • 業者よりも依頼費が低い場合が多い
  • 人によっては高いスキルを持つ

【デメリット】

  • 完成度にばらつきが生じる
  • 精度が低くなりがち
  • 専門性の高い内容では対応できないことも
  • 業者に依頼するより納期が遅い
  • 依頼費が必要

個人業者に依頼した場合は、依頼した相手によってはメリットが大きい場合もあるでしょう。高いスキルを持つ個人業者に依頼すれば、費用対効果が高くなる可能性があります。ただし、その場合でも、複数人でチェックを行う業者と比較すると、完成品の精度が低くなりがちです。

どんな人に向いている?

自分で作業をすることはできないものの、できるだけ費用を抑えてテープ起こしをしたいという方に向いています。また、高品質な作業をする個人業者を知っているという場合であれば、個人業者に依頼しても安心でしょう。

そして、テープ起こしを急いでおらず、時間的な余裕があるということも条件です。最後に、これは音声データの内容となりますが、あまり専門性の高くない内容である場合に適している方法です。

しかし、最終的なチェックも個人で行わなければならない為、テープ起こし業者にお願いするよりもチェック精度には不安が生じやすい部分がデメリットとなってくるでしょう。もちろん個人事業主なので、使用する機器やパソコン等の性能に関しても個人ごとに差が生じてしまいますので、思わぬトラブルなども起こりやすいといわれています。

テープ起こし業者に依頼した場合

それでは、テープ起こし・文字起こし業者に作業を依頼すると、どの程度の期間で仕上げられるのでしょうか?

業者ごとに作業の日数が変わってきますが、60分ほどの録音データを書き起こした場合の平均的な期間は2~3日となっています。

業者によっては、サービスでそれよりも速い日数で仕上げることができますが、追加料金が必要になってくるところがほとんどです。

業者に依頼するメリット・デメリット

【メリット】

  • 通常2~3日という短期間で納品可能
  • 専門性の高い内容にも対応
  • 完成品の質と精度が高い
  • 多言語テープ起こしにも対応

【デメリット】

  • 依頼費が必要

こうした書き起こし専門業者にテープ起こしを依頼するメリットのひとつが「クオリティの高さ」です。

そして何よりもテープ起こしに最も必要となってくるのは、とにかく素早さです。60分の音声データだと、文字数は平均して18,000文字にも及びます。そんな膨大な文字量の中から、素早く内容を正確に理解をして、口癖などの不要な言葉を取捨選択してまとめてゆき、さらに迅速なタイピングを行う必要があるのです。

テープ起こし業者には、ありとあらゆる会社や個人から音声データが届けられます。専門用語の理解力に関する情報はもちろん、高いスキルをもったテープリライターがそろっている環境にあるため、高クオリティの書き起こしデータを提供できるのです。

こうした時間やクオリティなどに関するメリットがありますが、一番大きいメリットとして上げられるのがコスト面です。
一般的に60分のデータを社内のスタッフで書き起こしをすると、およそ10時間程度の期間が必要になってきます。この時間を一人当たりの日給に換算すると20,000円ほどの金額となります。

しかし、この作業をテープ起こし業者に委託すると平均して13,000円ほどの経費で作業を終えられます。一人当たりの作業量と負担を激減することにつながるため、デメリットとして費用がかかることを上げましたが、実際にはコストの削減や時間短縮にも大きな効果をもたらしてくれます。

どんな人に向いている?

業者に依頼する方法に向いているのは、多少費用がかかっても、精度と完成度の高いテープ起こしを希望している方、できるだけ早く納品してほしい方です。また、音声データの内容が専門性の高い内容である場合や、外国語である場合も、業者に依頼する方法がベストでしょう。

以上が業者に依頼する方法に向いている方ですが、端的に言ってしまえば、この方法は全ての方に向いている方法だと言えます。テープ起こしをプロに依頼しない方が良い状況はあまり考えられず、テープ起こしの方法を迷った場合は、まず業者に依頼すれば間違いありません。

テープ起こしが依頼できる会社一覧

     
コエラボ 800人以上の豊富なライターが所属するため、大型案件にも柔軟に対応できるのが強み。迅速な対応と高品質の原稿が評判です。 所在地:東京都港区六本木7-15-7 新六本木ビル (SENQ六本木 807) 設立年:記載なし 納期:通常納期(2営業日) ⇒コエラボの詳細
アトリエ・ソレイユ メール添付、CD-R、印刷など多様な納品を選択できます。オンライン上で音声データの受け渡しが可能な点も手軽で便利。海外からの依頼にも対応しています。 所在地:三重県鈴鹿市岸岡町2690-32 設立年:2002年8月 納期:素起こし中3日~ ⇒アトリエ・ソレイユの詳細
東京反訳 受注案件の実績が53,000件以上あり、各種専門分野の依頼にも対応が可能です。情報漏洩リスクを抑制できるセキュリティルームプランも完備。 所在地:東京都豊島区南池袋3-13-15 東伸ビル4F 設立年:2006年10月 納期:通常納期(中2~3日) ⇒東京反訳の詳細
シーズンソリューション 民間企業・官公庁・学校・医療など、様々な専門分野の案件にも対応可能。音声データ作成用のICレコーダーやマイクの無料貸し出しも行っています。 所在地:神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央42-21 第2佐藤ビル4F 設立年:1998年7月 納期:通常納期(3日間) ⇒シーズンソリューションの詳細
ACN 創業13年のキャリアをもつACN。スムーズに、かつ高品質な原稿作成のため、ダブルチェック体制を導入しています。 所在地:東京都港区六本木6-1-24 ラピロス六本木5F 設立年:2002年 納期:40分(中1~2日) ⇒アカデミアジャパン(ACN)の詳細
京都データサービス 長時間の案件や12時間納品など幅広い案件を手掛けています。テープ起こしだけでなく、動画の音声や英語データの文字起こしにも対応しています。 所在地:京都府船井郡京丹波町蒲生27-1 設立年:2010年3月 納期:通常(中2~5日) ⇒京都データサービスの詳細
クロスインデックス 工業・製造業や不動産など多様な分野の案件に対応しています。英語を含む五か国語のテープ起こしが可能で、外国語での打ち合わせや国際会議の原稿も作成可能です。 所在地:東京本社 東京都港区三田3-5-21 三田北島ビル5F 設立年:1999年8月 納期:記載なし ⇒クロスインデックスの詳細
テープリライト 医薬関連のテープ起こしの品質に自信があります。専門ライターと校閲スタッフのダブルチェックを行っているためミスがなく、創業以来、情報漏洩が一件も無いというお墨付きの実績。 所在地:東京都千代田区神田淡路町1-5-2 及川ビル4F 設立年:1965年2月 納期:通常(4営業日後) ⇒テープリライトの詳細
アーク写本 様々な業種のデータを蓄積し、専門用語を用いるテープ起こしが可能。出張録音も可能で、講演や多人数の会議の議事録の案件にも対応しています。 所在地:東京都豊島区南池袋2-4-1 ames3階 設立年:2008年 納期:一般的な内容のもの(中4日) ⇒アーク写本の詳細
ボイテックス 納期の迅速さに自信があり、追加料金なしで特急並みの中一日納品も可能。独自のファイル暗号化システムを運用し、セキュリティレベルが高いため安心です。 所在地:東京都台東区台東2-1-3 センチュリービル7F 設立年:1994年5月 納期:標準(中1日) ⇒ボイテックスの詳細
ジムプラン 大学資料や法律関係の実績が多く、主に法人向けのテープ起こしを行っています。あらゆる音声データに幅広く対応してくれる会社です。 所在地:東京都足立区皿沼3-31-3 設立年:2011年12月 納期:標準(中2日) ⇒ジムプランの詳細
大和速記情報センター 速記者によるテープ起こしによって大量の文字数にも迅速に対応できます。英文速記も可能。テープ起こしの文章の編集・要約化するサービスも実施しています。 所在地:【東京本社】東京都港区新橋5-13-1 新橋菊栄ビル3階 設立年:1954年 納期:超特急便(最短2時間) ⇒大和速記情報センターの詳細
モジフル ネットからの依頼を受け付けており利便性が魅力的。独自の最終チェック用ソフトで品質管理を行っています。タイムレコード挿入のオプションサービスを展開しています。 所在地:東京都港区新橋五丁目13番1号 設立年:1973年7月 納期:通常(中2営業日) ⇒モジフルの詳細
テープライターサービス 「東京都弁護士協同組合」の特約店であり、2,684もの法人との契約実績があります。スタッフ全員の守秘義務と録音媒体の管理を徹底しています。 所在地:東京都新宿区早稲田町5番地4号 設立年:1965年4月 納期:1営業日目~ ⇒テープライターサービスの詳細
東洋速記 英語を含む14か国語に対応した外国語のテープ起こしが可能。原稿は、日本速記協会の「標準用字用例辞典」に準じたもので、熟練ライターと校閲者のダブルチェックを行うため高品質が期待できます。 所在地:東京都千代田区神田淡路町2‐21‐11 山崎ビル401 設立年:1971年1月 納期:24時間以内~ ⇒東洋速記の詳細
メディアJ 24時間365日、フリーダイヤルでの受付可能な超特急対応が強みです。標準でのトリプルチェック、特急でもダブルチェックを行うなど、品質保証にこだわりを持っています。 所在地:広島県広島市西区己斐本町3-1-6-208(広島本社) 設立年:2013年7月 納期:通常(中2~3日) ⇒メディアJの詳細
mojica 年間の依頼実績の中でも納期2日以内のものが多数で、圧倒的な納品スピードが特徴です。テレビ・CM業界から特に高い評価を得ています。 所在地:東京都中野区新井5-29-1 西部信用金庫新井薬師ビル507 設立年:2010年1月 納期:標準(中3日~) ⇒mojicaの詳細
クリプトン 医学や専門分野に精通した作業チームが担当し、ハイレベルな品質の原稿が作成可能。テープ起こしだけでなく、インタビューや講演、スピーチにも対応しています。 所在地:東京都千代田区神田三崎町2-4-1 TUG-I ビル 4F 設立年:2002年4月 納期:最短1営業日~ ⇒クリプトンの詳細
JOINTEX(ジョインテックスカンパニー) 音声認識国内トップレベルメーカーとの共同運営を行っており、低音質のデータや聞き取りにくい方言でのテープ起こしも可能。2時間以内の内容であれば、即日納品ができるなどスピーディな作業が強み。 所在地:東京都千代田区永田町2丁目13番10号 プルデンシャルタワー12F・13F 設立年:2001年 納期:5営業日 ⇒JOINTEX(ジョインテックスカンパニー)の詳細
ブレインウッズ 英語をはじめ、多言語のネイティブリライターが在籍しており、外国語で起こした原稿の翻訳にも力を入れています。 所在地:東京都渋谷区神宮前4-7-6 成和ビル3F 設立年:2000年9月 納期:記載なし ⇒ブレインウッズの詳細
佐藤編集事務所 情報の安全管理を充分にと行い、精度の高い品質の提供と臨機応援な対応を心がける会社。英語のテープ起こしにも対応しています。 所在地:千葉県松戸市松戸1276-1-512 設立年:1990年4月1日 納期:標準(3営業日) ⇒佐藤編集事務所の詳細
VoXT 専用アプリによる文字起こしテキストを「自分で編集」「専門スタッフに依頼」などから選べるクラウド型のサービスが特徴です。 所在地:東京都豊島区東池袋3-1-4 サンシャインシティ 文化会館6F 設立年:1997年 納期:通常(5営業日) ⇒VoXTの詳細
株式会社ドルフィン 日本人と英語圏の専門士が在籍し、英文校正や医学、技術翻訳等にも対応しています。追加、割増請求無しで特急作業を行うためリーズナブルです。 所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-1 吉祥寺永谷シティプラザ1005 設立年:2001年 納期:記載なし ⇒株式会社ドルフィンの詳細
オフィスクレスト 語り手の気持ちに寄り添った原稿作成を心がけてテープ起こしを行っています。リアルタイム入力が可能で、会議やインタビューなどにも対応しています。 所在地:東京都渋谷区富ヶ谷1-16-2-802 設立年:2002年3月 納期:標準(中3日) ⇒オフィスクレストの詳細
文書システムサービス 設立30年以上の実績がある会社。中央官庁の審議会や全国地方自治体の議事録作成など、専門的な分野の記録作成を得意としています。 所在地:東京都新宿区市谷八幡町16 設立年:1983年5月9日 納期:記載なし ⇒文書システムサービスの詳細
ユウエスプラニング テープ起こしだけでなく、翻訳や通訳の業務も行っているため、外国語のテープ起こしに和訳をプラスしたサービスも展開。31か国語の外国語に対応しています。 所在地:東京都港区赤坂7-6-41 赤坂七番館 設立年:1989年8月24日 納期:至急(翌日または中2~3日) ⇒ユウエスプラニングの詳細
オフィスモリ 理工・医歯薬学、学術・技術関連の専門性の高いテープ起こしの実績が多数。少数精鋭のスタッフで作業を行い、情報漏洩対策に力を入れています。 所在地:東京都港区虎ノ門5丁目11-15 虎ノ門KTビル2F 設立年:2006年 納期:記載なし ⇒オフィスモリの詳細
メディアオーパス 年末年始、早朝・真夜中でも迅速に対応してくれるのが魅力の一つ。完全後払い制で、ニーズに合わせた料金プランの中から選べるので安心です。 所在地:東京都渋谷区 設立年:1997年 納期:24時間以内~ ⇒メディアオーパスの詳細
イデアプラス 経験豊富なスタッフによるWチェック体制で、高品質のテープ起こしを実現。翌日納品が可能な超特急プランも用意しています。 所在地:東京都港区新橋5-9-8永島ビル3F 設立年:2001年4月20日 納期:通常(中2日~) ⇒イデアプラスの詳細
アミット 翻訳事業をメインとしており、50を超える多言語のテープ起こしと日本語への翻訳の同時発注に対応。外部業者に委託していないため、正確かつ迅速なテープ起こしが可能です。 所在地:東京都中央区日本橋兜町13−1兜町偕成ビル別館9F 設立年:2006年5月 納期:記載なし ⇒アミットの詳細
名北ワード トリプルチェック体制により、誤字率0.1%以下を達成。入力や資料の受け渡しをすべて自社で対応することで、質の高い仕上がりと機密性が保たれています。 所在地:岐阜県各務原市鵜沼羽場町5-176 設立年:1985年7月 納期:通常(中3日) ⇒名北ワードの詳細
ボックスタブ 英語のテープ起こしを専門に行っている会社です。テープ起こし経験5年以上のベテランスタッフが在籍し、医学や経済学など、専門性を問われるテープ起こしにも対応しています。 所在地:東京都千代田区外神田2-14-10 第2電波ビル4F 設立年:2009年4月 納期:通常(1~5営業日) ⇒ボックスタブの詳細
音声工房 フィールド55 音声をそのまま文章に起こすだけでなく、読みやすい文章に仕上げることも可能。これまでに、官公庁や医療機関、教育機関など、さまざまな業種からの依頼実績があります。 所在地:大阪府吹田市千里山西4-9-3-102 設立年:記載なし 納期:記載なし ⇒音声工房 フィールド55の詳細
テープ起こし新潟 一般的な講習会から理系の専門分野まで幅広いジャンルのテープ起こしに対応。特に労使関係や自治体まちづくり、福祉介護、政治経済、IT関連などを得意としています。 所在地:新潟市中央区女池7-5-12 設立年:記載なし 納期:通常(中3日) ⇒テープ起こし新潟の詳細
エルセクレタリー テープ起こしのほかに翻訳・通訳サービスも展開しており、外国語のテープ起こしから翻訳まで一括で対応可能。そのほかにも、外国語に関する困りごとに応えられるサービスが整っています。 所在地:石川県金沢市窪2-15 設立年:1986年11月 納期:記載なし ⇒エルセクレタリーの詳細
株式会社アドレス 豊富な経験と実績によって、高度な専門知識を有する分野や外国語のテープ起こしにも対応。要約文や整文仕様に処理することも可能です。 所在地:石川県金沢市大額1-342-3 設立年:1993年6月 納期:24時間以内~ ⇒株式会社アドレスの詳細
オフィスなかやま 法律分野のテープ起こしを得意とする、行政書士の有資格者が立ち上げた会社です。お急ぎの依頼や大量案件にも柔軟に対応してもらえます。 所在地:長野県伊那市 設立年:1993年6月 納期:中3日 ⇒オフィスなかやまの詳細
さくらい屋 官公庁や公益団体、大学を中心とした取引実績があり、専門知識が必要な医薬系のテープ起こしも可能。音声ファイルは、オンラインストレージサービスを使ってデータ転送できます。 所在地:静岡県浜松市北区 設立年:記載なし 納期:標準(中2日) ⇒さくらい屋の詳細
東海文書処理 議会や委員会、講演会などの会議録のデータ反訳やテープ起こしを中心とした事業を展開。膨大な紙文書のデータ化や少数部から注文可能な印刷・製本サービスも提供しています。 所在地:愛知県豊橋市藤沢町141ロワジールホテル豊橋本館936号 設立年:1985年12月 納期:記載なし ⇒東海文書処理の詳細
デック テープ起こし・データ入力業務において20年以上の実績あり。預かった情報やデータなどに関しては機密性を保持しており、秘密保持契約を結べます。 所在地:愛知県豊橋市西幸町字古並42-2 設立年:1997年4月 納期:通常(中3日) ⇒デックの詳細
ワードワープ 1級速記士が在籍し、テープ起こしをはじめとしたさまざま音声の文字化サービスを提供。テープ起こしと合わせて、印刷や製本を一括で依頼もできます。 所在地:大阪府大阪市北区天神橋3-3-3南森町イシカワビル4階 設立年:2002年6月 納期:記載なし ⇒ワードワープの詳細
ビーコス テープ起こしのみではなく、同時にレイアウトや翻訳の作業にも対応が可能。各国のネイティブスタッフがビジネスをサポートしてくれます。 所在地:東京都港区浜松町2-1-3 第二森ビル4階 設立年:2001年10月19日 納期:記載なし ⇒ビーコスの詳細
KATO Office ICレコーダー、DVD、CD、カセットテープなどさまざまな媒体に対応しています。音声1時間あたり3営業日後の納品が目安。都内であれば直接訪問しての音声受け渡しもできます。 所在地:東京都大田区北千束 設立年:記載なし 納期:3営業日
エムストーン 英文テープ起こしに対応しており、医薬分野など専門性の高い分野は専門知識を有する英米人ネイティブによりダブルチェックを行います(日本語テープ起こしにも対応可能)。 所在地:東京都中央区京橋1-6-13 金葉ビル5階 設立年:1990年12月18日 納期:3営業日 ⇒エムストーンの詳細
コーディ ロシア語ネイティブスタッフが音声をデータ化。専門性や難易度など似合わせた翻訳者を選定します。翻訳者の経歴書の提出も可能です。 所在地:東京都港区浜松町2-1-3 第二森ビル4階 設立年:2010年 7月1日 納期:記載なし
会議録研究所 会議や講演会、フォーラム、セミナーなどの現場に速記者や録記者を派遣。速記や収録した音声について、テープ起こし・構成・印刷製本まで対応します。 所在地:本社:東京都新宿区市谷砂土原町1-2-34 設立年:1980年2月 納期:5~10営業日 ⇒会議録研究所の詳細
サウンドクロップ テープ起こしを手掛けて30年の実績を持つサウンドクロップ。音声ファイルの文字起こしに加えて、Web会議など動画の文字起こしの依頼も可能です。 所在地:東京都大田区北嶺町7-14 設立年:2009年4月 納期:標準(中3日~)
ピーシーウエーブ 収録時間の量にかかわらず対応が可能。納品前に内部スタッフが確認を行っているため、高品質な文字起こしに対応しています。 所在地:東京都武蔵村山市三ツ木2-35-9 設立年:2002年3月1日 納期:標準(中1日)
扶桑速記印刷株式会社 テープ起こしに加えて速記者派遣にも対応。テープ起こし後はメールでの納品となりますが、ファイルの暗号化など万全のセキュリティ対策を行っています。 所在地:東京都千代田区神田美土代町7番地4 設立年:1975年9月15日(創立) 納期:記載なし
ことばのいずみ 初めて同社のサービスを利用するお客様向けに、お試し5分起稿サービスを用意。原稿の仕上がりや体裁などを確認できます。 所在地:東京都板橋区 設立年:記載なし 納期:通常(2日)
澤速記事務所 お客様からの音声データをもとに速記士により速記録を作成。要望がある場合には逐語処理や要約原稿の作成、版下作成、印刷製本にも対応します。 所在地:東京都世田谷区代沢5-35-8 設立年:1966年3月10日 納期:記載なし
クリムゾン・ジャパン インド本社に英語テープ起こしを専門とする英語ネイティブの作業者が大勢常駐。大量の英語テープ起こしも迅速に作業できます。 所在地:東京都千代田区外神田2-14-10 設立年:2009年4月 納期:記載なし
オフィス スイミー 東京都内でテープ起こしを行っている個人事務所。各大学の研究プロジェクトを始めとしたの大量の案件や、英語の入り混じった通訳部分の文字起こしなどにも対応しています。 所在地:東京都荒川区 設立年:記載なし 納期:1日~
東京リライト社 東京リライト社のスタッフのみで全てのテープ起こしを行っています。医療系など専門性の高いテープ起こしができる会社です。 所在地:東京都豊島区駒込3-20-13-203 設立年:1979年3月 納期:記載なし
ミニット 会議・講演会・報道番組の編集用テープの文字起こしなどを行っています。録音できない場合に備え、出張録音にも対応可能です。
アート録音 会議の質疑応答部分だけを文字起こしするなど、対応がフレキシブル。表記や書式、納品形態など指定可能です。
日本コンベンションサービス(JCS) ジャンルを問うことなく、文字起こし・テープ起こし・議事録などなど、さまざまなニーズに応えるサービス「MOJIMOJIくん」を運営しています。
アシステ・ジャパン 医療系録音テープ起こしや医薬翻訳を行っています。料金設定が明瞭で、医療系録音テープ起こしだと1時間単位と10分単位で計算するシステムです。
エディテージ 翻訳を始め、英文校正・英文校閲・ネイティブチェックなどを行っている会社。テープ起こしの対応言語も豊富です。
津軽速記 速記士による議事録作成・出張速記・データ入力と文字起こしを行っており、事業所は青森県にありますが全国対応しています。
アスカ 文字起こしサービスを主軸に事業を行っており、1文字1円の料金で、60分までのファイルであれば中1日で納品可能と、素早い作業が期待できます。
会議情報システム 会議録の作成を専門としている個人事務所で、公演やインタビューなどの音声を文章化するなどテープ起こしを行っています。
マキ朝日データサービス 議事録・速記録・文字入力・翻訳などを行っている会社です。音声を文字データ化するテープ起こしでは、要望に沿った起こし方と文章形態での納品可能です。
エサップ 最高裁判所からの委託を受けて裁判記録を作成。ただ単に文字起こしを大量に行うのではなく、秘密管理も徹底されています。
オフィスコキリコ 司会と書記、そして文字起こしをワンストップで請け負うことができるのが強み。専門スタッフによるインタビューのサポートもあります。
早稲田速記株式会社 スピード文字起こしサービスの「うちッパ」を提供。一般的な文字起こしとは異なり、整文や要約に時間をかけることなく、スピードを重視した納品が行われています。
タイピングベース テープ起こしのプランが「ゆっくりプラン」・「レギュラープラン」・「特急プラン」に分かれており、スケジュールやニーズに合わせたスピードで納品してもらえます。
ミュープロダクション 音声認識システムを導入。さまざまな録音を行った音声ファイルをテキストに変換し、整文や要約にも対応しています。
クリムゾン
インタラクティブ
ジャパン
テープ起こし+翻訳サービスを実施。英語によるテープ起こしの事業部門を有し、文字に起こしてから翻訳までを一貫して請け負っています。
おふぃす・てのん 仙台を拠点に全国からのテープ起こしなどの大量受注にも対応。出張録音やICレコーダーの貸し出しなども同時に行っています。
ぺりの邑 NPO法人によるパソコン専門の作業所。テープ起こしに要する期間は60分の場合、10営業日程度が目安です。
アルファテキスト 通常のテープ起こしのほか、指定された場所に録音機材を持ち込み、発言メモを同時に取る出張録音テープ起こしのサービスも提供しています。
ハルクアップ 動画や音声データからの文字起こしを二人体制でダブルチェックしているのが特徴。さらに専任アンカーの全件校正も入り、品質を高めています。
アミー 録音データをWordなどの文字に起こし、さらにはそのデータを編集、冊子を作成するなど、印刷から発送まで一貫したサービスも提供しています。
office+Kai 官公庁・法律事務所・大学やNPO法人の講演会・会議、裁判資料やインタビューに至るまで音声を文字原稿化。議事録や書物にも使えるよう丁寧に仕上げます。
aiwords(アイワーズ) 文字起こしの種類が豊富に用意されていて、正確さや読みやすさなどのニーズに合わせて選ぶことができます。
トライアングル西千葉 千葉市のNPO法人。講演会や議事録などの録音をテープ起こしする場合は1分・税込220円での価格で提供されています。
LanguageFOREST 多言語混在のテープ起こしに対応。2か国語以上の言語が混在する音源を、ネイティブライターがそのまま文字起こししています。
速記センターつくば 茨城県に拠点を置き、テープ起こしや議事録の作成を行っています。文字起こしはテータにて納品。その後は簡易的な修正に限り対応してもらうことができます。
テープ起こし依頼プラス 学術と研究の分野を専門的にテープ起こししている会社。専門用語もそのままを正確に文字起こしができるという強みがあります。
ブルームテック 文字起こしした原稿は別スタッフが校正してから納品されるシステム。さまざまな文字起こしプランが用意されており、スケジュールやニーズごとに選べます。
日本音声反訳 メディア関係や法律事務所、教育・研究関係の機関など、幅広い分野の顧客を持つ日本音声反訳。品質第一をモットーに文字起こしをしています。
ブルー・ジェー 英語反訳を得意としています。国際会議やインタビューなど、聞き取りが難しい音声の文字起こしが可能。英文和訳と和文英訳も行っています。
ブライト章 言語動画制作と翻訳を業務にしている会社です。英語や中国語を含めた世界25か国語に対応。文章の真意をくみ取って翻訳します。
一般財団法人司法協会 各種録音媒体(動画は未対応)からの文字起こしを行っているほか、裁判記録の謄写や司法に関する研究助成など、司法系の仕事を請け負っている業者です。
イー・シー 日本語のほかにも10カ国以上の外国語反訳に対応。反訳後に日本語へ翻訳することもできます。そのほか、同時通訳やコンペティッション運営など多くの業務に携わっています。
ウィザップ 印刷物やWeb関連の業務を請け負っている会社です。録音時間60分の反訳を、3営業日目安で納品できます。
オフィス・ピーズ 日本語のテープ起こしを業務にしている会社。官公庁・教育関係・法律事務所・商工会議所などと取引した実績があります。
ねころ字や 文字起こしのほか、議事録作成や要約記事の作成、論文の校正などのサービスを行っています。出張業務も可能です。
オフィスヒダカ 原音どおりの文字起こしから、整文、指定書式へのレイアウト文章作成をしています。予約優先に作業しているので、予定がわかり次第連絡を入れましょう。
アラレス 一般分野・法律分野・学術専門分野のカテゴリーごとに料金設定を設けています。出張録音からの文字起こし対応も行っています。
コミュニティプラザ 全国主要都市に協力ブランチがあり、経験豊富なライター達が様々な媒体から文字を起こします。60分音声を中2~3日目安で納品可能。
ゼニス 日本語と英語のテープ起こしに対応しています。起こした反訳は、中国語や韓国語など他言語へ翻訳することもできます。
セクレタリアット 学会やコンペティッションの運営サポート会社。テープ起こしや翻訳、起こした文章を基にしたDTP作業や資料作成なども受け付けています。英語・韓国・中国語に対応可能。
中之島翻訳センター  翻訳や通訳、テープ起こし、校正を業務にしている会社。MD・CD・DVD・ビデオ・メモリーカードといった媒体から文字を起こします。
リブート 視覚障がい者向けに図書や説明書などの点訳・音訳を行っている会社。各媒体の音源からの文字起こしや、点字議事録などの業務を行っています。
Officeえるむ 大阪の豊中市にある反訳会社。講演会や会議、インタビューなどの録音音声をテープ起こしします。60分音声であれば、中3日程度を目安に納品できます。
添翼 中国語・韓国語・ベトナム語・ロシア語など、外国語ネイティブスピーカーよるテープ起こしが可能。医療・法律・技術系などの専門分野も相談に応じています。
バーチャル福祉工房 ITを通した障がい者の自立と社会参加を目的に設立された組織です。議事録などの文字起こしを、リーズナブルな価格で受け付けています。60分音声で中4日の納品が目安です。
エス・ケー・データ 市場調査と情報処理を業務にしている会社です。情報処理業務のひとつに音声データの文字起こしがあり、議事録や講演録の作成をしています。出張も可能。
TENインターナショナル 外国語の総合サービスを業務にしている会社。英語・中国語・韓国語・フランス語・ドイツ語などの外国語テープ起こしや、要約・翻訳などを受け付けています。
AAインターナショナル 講演や会議、インタビュー、外国のテレビ番組といった録音データを文字起こしします。英語をはじめ中国語・フランス語・韓国語・タイ語の実績があり、翻訳も可能。
INTERACT JAPAN 創業30年の翻訳・通訳業務実績を持つ会社。講演やインタビューなどの録音データの文字起こしもしています。
テープ起こしオフィス
びわこ
セミナーや会議、インタビューなどの文字起こしをしている会社。メディア関連や出版社、官公庁、法律事務所、教育関係などの機関とも取引したことがあります。
sohonet2030 テープ起こしの専門会社です。60分の音声データで、中3日納品の価格が12,300円(税込)~とリーズナブル。納品の期間によっては、1万円未満の場合もあります。
サン・ライティング 音声のテープ起こしや印刷製本、速記を業務にしている会社です。一般的な録音媒体データだけでなく、ZOOM・Web会議などの動画データの文字起こしも可能。
神戸綜合速記株式会社 会議や講演、セミナー、シンポジウムなどの録音データを、会議関連資料を参考にしながら正確に反訳作業をする会社です。
ぎじろくセンター 議事録の作成を専門に扱っています。録音取材員の派遣や録音データの文字起こし、議事録を印刷して製本するまでの作業が可能。
オフィスふじわら 24時間以内の文字起こし納品や、平日18時以降、土日・祝日の特急テープ起こし納品などを受け付けている会社。急いで依頼したい場合におすすめでしょう。
こうちIT事業者協同組合 高知県エリアで、IT事業・情報サービス業に携わっている事業者同士をつないでいる組織です。データ入力や会議・議事録などの文字起こしも行っています。
小出速記事務所 佐賀県にて、会議・講演での現場速記と、録音媒体による反訳を行っている事務所です。作成した文書の印刷や製本業務も受け付けています。

テープ起こし業者の活用事例

ひと口に「テープ起こし」といっても、音源の内容は多岐にわたります。それらのニーズに応えるサービスの内容について、調査してみました。

知っておきたいテープ起こしの知識

業者にテープ起こしをお願いするときの基礎的な知識についてまとめています。特にはじめて依頼する方は必見です。

テープ起こしとは

会議やセミナー、対談、インタビューなどの音声を文字に起こすことをテープ起こしといいます。以前はテープで録音したデータをもとに文字起こしをしていましたが、現在はICレコーダーやCD、DVD、各種音声ファイルでの依頼が一般的です。また、動画ファイルからの文字起こしや、外国語の文字起こし・翻訳を行っている会社もあります。

テープ起こしにはいくつかの方法があり、特徴が異なります。音声内容を一字一句文字化する方法を「素起こし」といいます。「え~」とか「その~」などの言葉もそのまま文章に記載されるので、その場の雰囲気を詳しくつかめます。

一方、「え~」や「その~」など、それ自体に意味のない言葉を省くのが「ケバ取り」です。話者の口癖や言い直しなども適宜修正して起こします。全体としてとても読みやすい文章になり、テープ起こしの依頼でよく利用される方法です。

ケバ取りからさらに文章を整えるのが「整文」です。話し言葉を書き言葉に直したり、文体を「です・ます調」に統一したりします。文字に起こした文章をそのまま書面やweb上で公開する際に用いられます。

テープ起こしに使用する主なツール

テープ起こしを行うには、さまざまなツールが必要になります。たとえば、話の内容を録音する録音ツール。以前であればICレコーダーなど専用の機材が必要でしたが、今はスマートフォンで簡単に録音ができるようになっています。最初からついているものでも十分使えますが、有料の録音アプリなどを使えば、より高精度な録音ができるでしょう。

また音声を再生するプレーヤーも、いろいろなものがあります。音声ファイルを普通に再生していくとなると、いちいち巻き戻しなどをする手間がかかり、非常に煩わしいのですが「テープ起こしプレーヤー」や「Okoshiyasu2」などのツールを使えばキーボードのショートカットで操作ができるので、効率化につながるでしょう。

しかし、これらのツールを素人がゼロから使いこなすとなる、と非常に大変です。効率化を考えるなら、専門の業者に依頼してみるのも方法の1つなので、検討してみましょう。

テープ起こし会社選びのポイント4つ

1.納期の早さ

録音時間60分の音声の場合、4営業日を通常納期としている会社が多いです。通常納期のほかに、「特急」や「超特急」、「ゆっくり」などの納期を設けているテープ起こし会社もあります。録音時間の長い案件で、文字起こし完了ごとに随時納品してくれる業者もあり、文字起こし後の作業が控えている場合に便利です。

なお、専門用語が多く含まれる難易度の高い音声は、納期が延びる可能性があります。事前に依頼内容を相談しておくなど、余裕を持ったスケジュールを組んだほうがいいでしょう。

2.クオリティの高さ

元の音声は一緒でも、文字起こしされた文章は業者によって異なることがあります。ケバ取りや整文を依頼した際に文章の読みやすさが欠けていたり、そもそも単語を聞き間違えていたりすることがあります。

大事な音声をテープ起こししてもらうので、クオリティの高さは重要です。口コミをチェックすれば、各テープ起こし業者の特徴をつかめます。また、サンプル原稿を提出してくれる業者もあるので、求めている品質かどうかをチェックできます。

一番良いのは、前述の通りサンプル原稿を依頼することです。サンプル原稿の対応で、クオリティだけでなくスタッフの対応も見ることができます。

3.スタッフの対応

顧客対応時の姿勢やレスポンスの速さなど、スタッフの対応も大事です。ホームページの内容やサービスについて、不明点は迷わず確認してみましょう。親身に分かりやすく対応してくれる業者がおすすめです。

納品後のアフターフォローについてもチェックしておいたほうがいいでしょう。文字起こしされた文章に間違いがあったときの対応期間や方法は、業者によってさまざまです。

4.料金の安さ

単純に料金を比較する場合、無料見積もりをお願いし、1分あたりの文字起こし単価を計算すると分かりやすいです。音声の録音時間や状態などで追加料金が発生することがあるので、その都度見積もりを取って比較するといいでしょう。

また、納期・専門性・文章の読みやすさなど、テープ起こしの業者によって売りにしている部分が違います。依頼する際に自分が重視するポイントを見極め、かつ料金が安い業者を使い分けるのもひとつの方法です。

住んでいる地域の業者だと有利?出張録音とは

テープ起こしができる業者は全国各地にあります。依頼者の住んでいる地域を中心に業務を行っている業者もあるでしょう。その業者に出張録音を依頼するとき、注意したいことについて解説します。

出張録音のメリットは?

専用の機材を使っての録音が可能

講演会やシンポジウムではやり直しがきかないため、内容を確実に録音しなければなりません。確実性を高めるには、専用の機材が必要です。広範囲の声を確実に拾える高機能の集音マイクが用意できると安心でしょう。

ICレコーダーでの録音では、発言者が小声だった場合に、きちんと声が拾えなかったというトラブルが生じるかもしれません。しかし、専用の機材を用意すると、それなりに費用がかかるのが現状です。

集音マイクがあったとしても、設置する場所によって録音の確実性は異なり、適切な録音を実現するには知識と経験が必要です。その点、出張録音に対応できるテープ起こしの業者なら、専用の機材を備えた熟練のスタッフが対応してくれるため、安心して録音を任せられるでしょう。

会場や人数に合わせて機材を用意してくれる

テープ起こしのために録音するとしても、会場の規模や参加者の数によって適している機材は変わります。10名や20名だけが参加する会議と、大勢の人が参加する講演会やシンポジウムでは、状況に合わせた機材を選ばなければなりません。環境によって、きちんと録音できないリスクがあるからです。

出張録音に対応している業者では、会場や人数など状況に合わせた機材の用意が可能です。「会議や講演会などをよく開いておりテープ起こしのための最新機材を用意している会社」は少ないでしょう。出張録音に対応できるテープ会社の多くは、環境や状況に最適の機材を用意し柔軟に対応。確実な録音を実現してくれるのです。

プロが対応するからトラブルが少ない

テープ起こしのための録音が失敗したときのことを考えると恐ろしいですよね。いざ、テープ起こしをしようとしても「何を言っているのかわからない」「雑音が多い」などの問題があれば、起こす文章の質も大きく変わってきます。もちろん、音が録れなかったからと言って、内容を創作してしまえば、信頼を大きく損なうことになります。

出張録音ができるテープ起こしの業者はプロだからこそ、どんなトラブルがあるか、何に注意すればいいか、問題が起きたらどうすればいいのかといったノウハウを持っています。

「スイッチを入れ忘れていた」「機材の電池が途中で切れた」「機材の使い方がよくわからない」などの問題があっても、落ち着いて対処できるのです。

テープ起こしの原稿のクオリティーも高くなる

テープ起こしの担当者が録音をする業者もあります。現場で録音をするからこそ、誰がどんな発言をしたのか、発言の順番はどうだったのかが正確にわかります。その点がわからないと、録音から文章にするときに混乱が生じる可能性があるのです。

たとえば、「発言者ではない人が発言したことになる」というミスが連発します。正確性が求められ、記録として長く残っていくものとなると、失敗は許されません。こういったトラブルは、対談や、発言者が3人程度の少人数であれば大丈夫かもしれませんが、人数が多くなると発生しやすくなるものです。

ホテルやホールなど、会場に録音設備を備えているところであれば、プロに任せなくても対応できる場合もあるでしょう。しかし、規模が大きくなるとトラブルの数も多くなり、原稿のクオリティーも下がる可能性が高まります。そういった事態にならないように、出張録音に対応しているプロの業者にテープ起こしを任せることで、確実な録音を実現できるのです。

対応できない地域もあるため注意

出張録音に対応できるといっても、各業者で条件が異なるため注意が必要です。たとえば、国内は対応できるが海外には対応していないという業者も少なくありません。東京だけというように、対応エリアを限定している業者もあれば、交通費を支払ってもらえれば地方でも対応可能という業者もあります。

業者のHPをチェックし、実績も十分で価格もリーズナブルな設定だとしても、自分が出張録音を依頼したいエリアが出張対象地域に入っているか確認が必要です。また、出張対象地域でも交通費が別途かかるかなど、依頼前に確認をしておくようにしましょう。

東京圏内で出張録音してくれる会社は?

コエラボ

特徴

コエラボは地方議会や議会討論、研究発表会に至るまで、テープ起こしの実績が豊富です。録音に自信がない、会議に集中して録音は任せたいといった方のサポートとなってくれます。スタッフが現地に出向き、会議やインタビューや講演会まで正確に録音してくれます。ホームページで見積りや申込みのフォームがあり、依頼も手軽にできます。

費用

  • 費用:出張料金((4,180円/時)×掛かった時間)+(音源分数×単価)
  • 文字起こし:通常納期(ケバ取り)【220円/分~】

※価格は、2021年12月の情報です。

東京反訳

特徴

会場で録音、音声を持ち帰って書き起こす「ワンストップサービス」を提供しています。全国対応で、WEB会議やテレビ会議に同席して録音も可能です。発言者やタイムコード、該当資料もメモをして原稿に反映させます。また、動画や写真撮影もオプションで提供しています。

費用

  • 基本料金6,600円+録音料金1時間につき7,700円+日本語テープ起こし料金(通常単価・特急単価・ゆとり単価)
  • 地方出張料金:5,500円~。池袋駅(東京)または梅田駅(大阪)より録音会場まで、片道1時間を超える場合
  • 交通費:池袋駅(東京)または梅田駅(大阪)より録音会場まで、片道1,000円を超える場合
  • タクシー代:録音会場の最寄り駅より徒歩で15分以上かかる場合
  • 待機料金:30分当たり1,650円。次の録音までの待ち時間が30分以上ある場合や、録音開始の1時間以上前に録音会場集合をご指示される場合(通常45分~1時間前に会場入りいたします)
  • 宿泊費:録音当日の出発で間に合わない場合、録音終了後に当日最終便が間に合わない場合、録音が数日にわたる場合等

※価格は、2021年12月の情報です。

文書システムサービス株式会社

特徴

500名を超えるスタッフが在籍しており、議会やフォーラム、セミナーでの事例など35年の実績を誇ります。短時間のインタビューから10時間以上の長丁場の会議にも対応可能。緊急時でも柔軟に対応できるノウハウを持っています。

費用

  • 会議“実”時間計算(休憩及び準備のための時間除く)ただし、待機が生じたい場合は別途ご相談とさせていただきます
  • 交通費含む(遠距離は交通費別途)/※録音のための機材一式含む(スタンドマイク20本まで)
  • ※宿泊が必要な場合は宿泊費要
  • 遠距離は、交通費が別途必要

テレワークで行うテープ起こし?

働き方改革は、従来にはない働き方の可能性を広げました。代表として挙げられるものがテレワーク。これまで無縁だったオンライン会議を実施する会社も増えてきました。ただ、オンライン会議でも議事録を残すには、テープ起こしが必要です。働き方の変遷に合わせ、オンライン会議のテープ起こしにも対応する業者が出てきました。

オンライン会議に不慣れな会社は、まだそのノウハウを構築できていません。テープ起こし業者の中には、オンライン会議自体をサポートしてくれるところもあります。また、オンライン会議の音源から文字起こしやテープ起こしを行ってくれる会社も増えているのです。

知っておきたいテープ起こしのサービス内容

テープ起こしを依頼する前に

テープ起こし業者にできること

テープ起こし業者は、しゃべっている音声データを文字に起こす作業を行ってくれます。いちいち長時間の音声や動画をチェックしなくても、目で見て要点をチェックできるので、音声データをチェックする時間や手間が省けますし、アーカイブも簡単になります。具体的には、座談会や会議、インタビューなど、録音データを元に記事を書くような際に必要になります。また、会議の議事録として残すケースもあります。

テープ起こしの種類

テープ起こしには、さまざまな種類があります。言葉を一言一句起こす「素起こし」から、「あー」とか「えー」、「あのー」「そのー」といった、意味のない発声を削除した「ケバ取り」、さらには言い間違えている部分や文法上の誤り、同じことを2回言っているなど、読みにくさの要因を取り除いた「整文」といったものがあります。依頼するときは用途に応じて依頼方法を調整するといいでしょう。

料金相場

テープ起こしの値段は、大きく分けて「時間」「文字数」を元に設定されることが多くなっています。「時間」の場合は1分いくら、「文字数」の場合は1文字いくら、という計算になります。ただ、人のしゃべる文字数は早口な人とゆっくりな人で大きく変わるので、どちらで依頼をするのか、業者がどういう受注形態なのかは、考えておくといいでしょう。全体的な相場としては、おおむね1時間1万5000円前後となることが多いようです。

依頼から納品までの流れ

テープ起こしを依頼する際は、まずは各業者の提示している条件をチェックし、見積もりを取るところから始まります。その際には、どのような形式でテープ起こしを進めてもらうのかをすり合わせします。予算や作業内容が一致したら発注を行い、実際に作業を進めてもらいます。作業が完了したら納品してもらうことになりますが、大きなデータになる場合は、一括ではなく分割で納品してもらうこともできます。

発注時のポイントと注意点

文字起こしを発注する際には、いくつか事前に準備しておくことがあります。まずは、音声データに関する資料を全て渡すこと。専門用語がたくさん出てくるような案件の場合は、用語集などを用意しておくと相手も分かりやすいでしょう。また、文字起こしの種類についても「素起こし」なのか「ケバ取り」なのかなど、依頼の段階でどのような形式を求めているのかを明確にしておくべきです。

格安におさえるコツ

テープ起こしを格安で抑える方法としては、まずは安い業者を見つけることになります。ただ、安い業者は質が低いことも考えられるので、質と値段の折り合いはしっかりとつけるようにしましょう。また、やみくもに全てのデータの起こしをお願いするのではなく、特に必要な箇所のみを依頼するようにすると、全体の作業量が減り、料金も下がります。そして、納期に関しては最短での依頼だと別途料金がかかることがあるので、納期は長めに診ておきましょう。

会議やセミナーなどを音声データでまとめておくことのメリット

会議やセミナーなどは、議事録という形で文字データとして内容が残されていることがあります。しかし、議事録だと途中の細かな過程などが省略され、結論や要点のみだけでまとめられていることもよくあります。ただ、場合によっては結論に至るまでの過程において重要なことが取り上げられていることもあるので、会議などについては文字起こしを残す用意をしておくのが効果的です。議事録担当も不要になるので、全員が積極的に会議に参加できるようにもなります。

多言語のテープ起こしについて

英語や中国語、スペイン語など、日本語以外の言語が混じった音声データをテープ起こししてもらう際には、翻訳対応をしてくれる業者にお願いすることになります。ただ、他言語通訳者のスキルには大きな開きがありますし、コストもかかります。また。起こす人が日本人ではなくネイティブの場合、日本語として起こす際にニュアンスの違いなどが出てくるケースもあるので、注意しましょう。

初心者にありがちなテープ起こしの失敗例

テープ起こしを初心者が行ったときの失敗例として最も多いのは、「思ったより時間がかかった」というものです。タイピングが早いだけでは対応しきれないところがあるだけでなく、何を話しているかが聞き取れないなどで、作業が止まってしまうことは多々あります。また、適切なケバ取りができていない、読みやすくする整文がきちんとできていない、表現のゆらぎがチェックできていない、というのも失敗例として挙げられます。

録音のコツとは?

テープ起こしで使用する音声の録音については、ICレコーダーを使用するのがおすすめです。最近ではスマートフォンでも十分な品質の録音ができますが、ICレコーダーは録音専用なので、より高品質の録音が期待できます。また、録音をする現場が騒がしいこともあるので、マイクの向きなどはしっかりと調整し、話者の声がきちんと録音できる環境を整えてください。レコーダーと話者を遮るようなものは取り除いておくべきです。

テープ起こしに便利なツールやアプリと問題点

テープ起こしを行う際には、スマートフォン用の録音アプリやテープ起こしに特化したプレーヤーなど、さまざまツールがあります。また、googleなどの音声入力機能をうまく使うことで、音声をそのまま文字起こしできることもあります。ただ、音声データ自体のボリューム次第ではうまく使えないこともありますし、自動入力に関しては、こちらが思ったように変換することが難しいケースもあるので、使用には注意が必要です。

テープ起こしの仕事を受ける際に必要なスキル・道具

テープ起こしに資格は不要ですが、PCで作業をするので、最低限のタイピングスピードやPCに関する知識などは必要になります。また、正確に文字起こしをするためには、国語力も必須だと言えるでしょう。道具としてはPCはもちろん、タイピングのしやすいキーボードであったり、音声を聞きやすいヘッドホンなどがあるとより仕事がはかどります。また、テープ起こしを効率的に行うための専用ツールもあります。

テープ起こしと速記の違いとは?

テープ起こしは、録音された音声データを文字にしていく作業で、一方の速記は、その場で聞き取ったことを文字にしていく作業です。速記の最大の特徴はスピード感で、すぐに文字になったものを手に入れることができますが、精度に関してはどうしても落ちますし、速記専門の符号を使うため、誰でも読めるものにするには再度手間が生じます。テープ起こしは録音データを使うので、速度感は落ちるものの、精度の高い起こしになります。

テープ起こしに使われる校正記号

テープ起こしでは、校正記号というものが用いられます。日本語は同じ音でも全く違う意味合いを持つ言葉が多々あり、それらを間違えたまま起こしてしまうと、大きなミスにつながる可能性もあります。そうした点を指摘するために用いられるのが校正記号です。修正したいときにいれるもの、改行位置を指定するもの、文字を入れ替えるものなどいくつかあるので、文字起こしについて理解を深めるなら知っておいた方がいいでしょう。

テープ起こしにかかる手間と原因

テープ起こしに手間がかかる要因としては、専門知識の欠如、タイピングスピードの不足など、さまざまな要因が考えられます。特に不慣れな人の場合、実際のタイピングスピードだけでなく、言っていることを正確に理解できるかどうかで、作業のスピードだけでなく精度も変わってきます。そうしたトラブルを避けるためにも、専門業者を利用するのがおすすめです。

文字起こしの代行について

文字起こしに関しては、専門の代行業者があります。代行業者に依頼するメリットとしては、一番に時間と労力の削減が挙げられます。文字起こしはスキルのない人がやると、ものすごく手間がかかる作業です。わずかなお金を節約しようとした結果、必要以上に時間を浪費してしまう、なんていうケースもあるでしょう。また、専門業者であればしっかりとしたスキルを持っているので、文字起こしの品質についても担保されます。

テープ起こしのリライト・記事作成のポイントは?

テープ起こしは、しゃべったことを文字で分かりやすく把握するためのものです。文体が統一されていないと読みにくくなってしまうので、統一することを意識しましょう。また、話す人は個人の癖が出ることがありますが、それをそのまま反映すると読みにくくなるものなので、そうした点も省きます。どのようにしゃべっているかよりも、内容を重視して起こしていくことが重要になるのです。